忍者ブログ

フランサフリック情報ネットワーク

フランス=アフリカ関係/フランコフォニーを考えるためのブログ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パリの活動家グループが上演:「カメルーン大統領選は、フランスが演出する茶番劇である」

スュルヴィ(2011年10月10日)

arton4083-ddb87.jpg2011年10月8日土曜の午後、ディアスポラ・カメルーン人連合とフランス人、アフリカ人活動家が、パリの地下鉄ポルト・ドートゥイユ駅前に集合した。カメルーン大使館の目の前である。彼らの目的は、カメルーンで行われている選挙という茶番と、29年前から続く、フランスによるカメルーン政府への支持を告発することである。
 
象徴的なことに、このデモが行われた場所は、ボロレ・グループの代表であるヴァンサン・ボロレの自宅からわずか50メートルのところでもあった。彼はニコラ・サルコジに大変近しい人物であり、鉄道や港などのインフラ建設をカメルーンで独占し、いくつものアブラヤシ・プランテーションから莫大な利益を得ている。
 
この日のデモでは、ディアスポラ・カメルーン人連合の代表者たちが、独裁政権崩壊の必要性を訴えるために発言を行った。劇の中で、スュルヴィの活動家たちは、フランス政府による選挙の支援を告発した。そこでは、今回の選挙の実態が説明され、参加者たちからは称賛の声があがった。
 
上演された内容は以下の通り。
 
・ニコラ・サルコジは、たくさんの札束がはみ出た「重要な契約書」と題された書類と引き換えに、選挙を組織し、暴動を抑える装備を整えるため公的支援を、カメルーン大統領ポール・ビヤに手渡す。

111008ManifCameroun_007RMarzin-b6ab4.jpg
 
・こん棒を持った軍人に監視され、有権者が買収される中、選挙が行われる。参加したアフリカの活動家たちはすぐさまこの選挙が茶番であることに気づき、国際選挙監視団が投票箱の前で目をつむっている間に、この芝居に積極的に参加した。

111008ManifCameroun_022RMarzin-e4065.jpg
 
・(部分的にこの選挙に金を出した)EUの傘に守られた監視団は投票終了後、テレビカメラを前に、そこに「わずかに不完全な点」を認めながらも、ガラス張りの選挙であったことを確認した。

111008ManifCameroun_054RMarzin-d5a1d.jpg
 
・最後に、ヴァンサン・ボロレのもとで、ポール・ビヤとニコラ・サルコジは重要な契約が交わせたことを祝い、シャンパンで乾杯した!

111008ManifCameroun_045RMarzin-13fdc.jpg
 
カメルーンの人びとの選挙は日曜日(10月9日)に行われた(訳注:ビヤが再選された)。現在、至るところで、カメルーンにおける人びとの行動を支援し続け、選挙が茶番であることを訴え、裁判を通じて権力の暴走を警告するための運動が準備されている。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[12/20 Mathieu]
[12/20 Mathieu]

最新TB

プロフィール

HN:
takeshijo
性別:
非公開
自己紹介:
フランス=アフリカ問題に取り組む、フランスの市民団体 Survie(スュルヴィ)の情報を日本語で発信しています◎不定期更新

ご質問、お問い合わせはブログ管理人(中條健志)まで⇒ takeshijo(あっと)nifty.com 誤訳等のご指摘はコメント欄へ☆

【翻訳・掲載許可を得ています】

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- フランサフリック情報ネットワーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]