忍者ブログ

フランサフリック情報ネットワーク

フランス=アフリカ関係/フランコフォニーを考えるためのブログ

   
カテゴリー「ガボン」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガボン:権力強奪者ボンゴ

Billets d'Afrique et d'ailleurs 199号(2011年2月)

これは間違いなく、純真で軽率な新人大臣の姿といえる。協力相のアンリ・ドゥ・ランクール(訳注:2010年11月14日就任)は、「選挙に異議を唱える者は誰もいない」ことを理由に、反体制派となった子ども時代の友人アンドレ・ンバ・オバムと対立するガボン大統領、アリー・ボンゴを支持すると述べた(TV-5 Monde、1月26日)。
 
考察は大変危険を伴う。何故なら、オマール・ボンゴ(訳注:前大統領。現大統領アリー・ボンゴの父)の下で働いた元大臣であり、フランス当局の秘蔵っ子であったオバムは、シラク政権のアフリカ担当ミシェル・ドゥ・ボンヌコルスの差し金で、ガボン大統領を自己宣言した(訳注:2011年1月25日)。ボンヌコルスは、フランサフリックを扱ったパトリック・バンケのドキュメンタリーの中で(2011年2月7日付記事)、2009年8月の大統領選の結果がアリー・ボンゴによって覆されていたことを認めた。
 
ボンヌコルスが撮影を批判しながら、馬鹿げたやり方で嘘をついても無駄だった。誰も彼の事を信用しない。それは、彼の発言がガボンにあるフランス諜報機関の元代表によって操られていたからである。「私たちは本当の数字(訳注:選挙結果)を知っています。私たちだけではありません。AFP通信支局でさえもそれを……」。しかしながら、リーブルヴィル(訳注:ガボンの首都)のAFP通信支局は、本当の選挙結果――殺される可能性があるため、編集長に受け入れられない――を十分に伝えなかった。
 
フランサフリックの問題について触れた、AFPの特電が一つだけ2010年12月18日に出されたが、ミシェル・ドゥ・ボンヌコルスのことについては勿論触れていない。それ以来、ガボン政権の正当性の危機の原因について触れた特電は一つも出されていない。いずれにせよ、アリー・ボンゴやアンドレ・ンバ・オバムよりも相応しいのは、ガボンの人々である。
PR

「フランス好きの独裁者」、針路を変えない大統領府

arton3903-76a0b.jpg









2011年2月21日(スュルヴィ)

ミシェル・アリヨ=マリー外相とフランソワ・フィヨン首相にとっての「独裁者ゲート」の真ん中で、ニコラ・サルコジは2011年2月21日、ガボン大統領のアリー・ボンゴを招き、アフリカの独裁体制への忠実かつ責任ある支援という方針を維持している。不正蓄財事件に巻き込まれた徒党体制に反対する運動がその鎮圧と同時に激しくなっているにもかかわらず、この公式レセプションはフランス外交の信用を再び失わせている。
 
10日前にコンゴ共和国の犯罪的体制の中心人物にレジオンドヌール勲章を授与させて以降、権力の座にいる独裁者たちは常に大統領府の友人である。要するにそれは、不正選挙――最近「フランス2」で放送されたドキュメンタリーの中で、何人もの高官たちがこのことを認めた――で「選ばれた」アリー・ボンゴを公式に歓迎することで、ニコラ・サルコジが送ったメッセージである。失脚したチュニジアの独裁者ベン=アリーの不正蓄財が素早く凍結された一方で、アリー・ボンゴとドニ・サスヌゲソ一味の不正蓄財事件が、フランスの司法によって非常にスピードの遅い予審の対象となっている時に、政府は新しい「判断ミス」を望むだろうか?
 
実際のところ、このレセプションは、1月以来前代未聞の統一抗議行動を行ってきたガボンの人々による抵抗運動が、権力を簒奪した大統領の辞任を要求するための大規模なデモを呼びかけている最中に行われている。
父親の組織網を受け継いだ後、アリー・ボンゴもまた同じやり口を踏襲した。それは、2009年の不正選挙を告発するために、一方的に宣言された政府に集まった反体制派のリーダーたちを逮捕し、「国家反逆罪」の容疑をかけることである。フランスの利益にとっての戦略的な石油王国であるガボンは、そこに軍事基地を常設しているフランス軍と、多額の金で妥協をとりつけてきた、フランサフリックのあくどい商売人たちの組織網によって常に注意深く監視されてきた。
今日、ニコラ・サルコジはあらためて、彼にとってはこうした事が変わるいかなる理由もないと告げている。一貫性のないフランス外交の信用よりいっそう失わせ、コートジボワールでのひとりの候補者による強行を告発し、ガボンでは不正選挙の共犯者となりながら。
 
チュニジアやエジプトの例が示すように、戦略上の利益の保護は、独裁的で腐敗した不正権力に対する支持を正当化する理由にはならないだろう。フランス政府が独裁を支持する人々を守っている時に、スュルヴィは今回の訪問の理由について政府に説明を求め、アフリカにおけるフランスの政策の本当の完全な一新を要請する。

連絡先:ステファニー・デュボワ・ドゥ・プリスク
stephanie.duboisdeprisque(a)survie.org 01 44 61 03 25

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[12/20 Mathieu]
[12/20 Mathieu]

最新TB

プロフィール

HN:
takeshijo
性別:
非公開
自己紹介:
フランス=アフリカ問題に取り組む、フランスの市民団体 Survie(スュルヴィ)の情報を日本語で発信しています◎不定期更新

ご質問、お問い合わせはブログ管理人(中條健志)まで⇒ takeshijo(あっと)nifty.com 誤訳等のご指摘はコメント欄へ☆

【翻訳・掲載許可を得ています】

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- フランサフリック情報ネットワーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]