忍者ブログ

フランサフリック情報ネットワーク

フランス=アフリカ関係/フランコフォニーを考えるためのブログ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アフリカのアレヴァ社――フランス原子力政策の裏側 6

AREVA en Afrique - La face cachée du nucléaire français(2012年2月)

img172.jpg市民団体の活動
フランスのエネルギー政策の悲惨な結果を告発し、アレヴァ社のプロパガンダを封じることが何よりも重要である。そこでは、莫大な広告費によって、フランスにおける「クリーン・エネルギー」が、そして、アフリカにおける開発援助(という名の略奪)が宣伝されている。ガボン同様にニジェールにおいても、アーリットのAghir In Man、ニアメのGREN、ROTABといった市民団体が、ウラン採掘による環境問題を告発している。マリ西部のファレアでは、ARACEという団体が、カナダの鉱山会社ロックゲート(訳注:2005年設立)が探鉱をおこなう以前に(※関連サイト)、鉱山開発がもたらす深刻な被害を明らかにしている。しかし、ウラン鉱山問題をめぐる民主的な議論は一向に進まない。というのも、市民たちの動きは、持続可能な開発のためには年間600万ユーロものコストがかかると言い立てる政府やアレヴァ社によって一掃されてしまうからだ!
 
数字でみるアレヴァ社
・フランス政府の持株率は87%である。
・フランスの原子炉58基に必要なウラン燃料の3分の1がニジェールから輸入されている。
・2008年に製造したウランの4分の1がニジェールで採掘されたものである。
ウラン鉱山経営による収益は、2007年-2011年の取引総額の12%、投資総額の40%である。
 
年表でみるアレヴァ社
1945年:CEA(原子力庁)設立。
1958年:ガボンでの鉱山開発のため、コミュフ社(Comuf:CEAの子会社)設立。
1959年:1945年から1959にかけて、フランスの全植民地でウラン採掘調査が行われた。
1967年:ニジェールでの最初の鉱山開発のため、ソマイル社(Somaïr:CEAの子会社)設立。
1974年:ニジェールでの2つ目の鉱山開発のため、コミナック社(Cominak:CEAの子会社)設立。ニジェール大統領ディオリに対するクーデター発生。
1976年:コジェマ社(Cogema)設立。
1982年:ミッテランがニジェールを訪問し、大統領クンチェと会談。
1999年:ガボンでの採掘停止。
2001年:アレヴァ社(Areva)設立。
2003年:シラクがニジェールを訪問し、大統領タンジャと会談。
2004年:NGOによるニジェールでの最初の環境調査。
2005-2007年:ウラン価格の高騰。ニジェールとの価格改定交渉。
2009年:サルコジがニジェールとコンゴ民主共和国を訪問。
2011年:アフリカでの複数の採掘計画の凍結が発表され、ウラン鉱山の民営化が検討されはじめる。
(おわり)
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[12/20 Mathieu]
[12/20 Mathieu]

最新TB

プロフィール

HN:
takeshijo
性別:
非公開
自己紹介:
フランス=アフリカ問題に取り組む、フランスの市民団体 Survie(スュルヴィ)の情報を日本語で発信しています◎不定期更新

ご質問、お問い合わせはブログ管理人(中條健志)まで⇒ takeshijo(あっと)nifty.com 誤訳等のご指摘はコメント欄へ☆

【翻訳・掲載許可を得ています】

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- フランサフリック情報ネットワーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]