忍者ブログ

フランサフリック情報ネットワーク

フランス=アフリカ関係/フランコフォニーを考えるためのブログ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ルワンダでのツチ族大虐殺から17年、フランスの歴史の1ページは相変わらず読むに堪えない

arton3923-a3c83.jpg2011年3月18日(スュルヴィ)

2011年4月7日、ルワンダでツチ族への大虐殺が開始された日から17年になる。今日でもなお、歴史のパズルの中にいる、何人かのフランスの政治・軍事責任者たちの所在が明らかになっていない。市民、ジャーナリスト、研究者たちは17年前から事実を明らかにしようと試み、当時の証人または当事者たちによる否認や告訴とぶつかってきた。
 
『ルワンダの夜』は、事件に関わった何人かのフランス人関係者の中心人物に不安を与えた
 
2006年以来毎年、ひとつの市民グループが雑誌『ルワンダの夜』を刊行し、大虐殺にかかわったフランス当局に関する調査を行っている。2008年8月、彼らは「1994年のツチ族大虐殺におけるフランスの役割を明らかにすることを目的とした」ムチョ調査委員会の調査結果を公表する、ルワンダ司法相の公式声明を中継した。この委員会は現行の調査活動の総括を実現し、数多くの証言を集めた。彼らの活動は、委員会による「大虐殺に最も関わった」フランスの当局関係者たちのリスト作成につながった。
 
『ルワンダの夜』を刊行するグループは現在、公式サイト上でこの公式声明を単に転載しただけのことで、名誉毀損による告訴という妨害を受けている。声明の中で名前を挙げられた、何人かの中心人物によるこの告訴は、フランス市民に与えられた情報の自由の侵害である。実際のところ、告発書類によって、彼らは我が国の歴史の暗い1ページをより良く知ることができるのだ。スュルヴィは、『ルワンダの夜』による声明を支持する(参照サイト)。
 
こうした情報の自由の侵害が異常なものであるだけに、ムチョ報告書の調査結果は、――2004年にスュルヴィ、Cimade(難民を収容する国際運動委員会)、OBSARM(武装監視所)、Aircrige(人道および大虐殺に対する罪に関する国際調査連合)によってすすめられた――ルワンダにおけるフランスの関与に関する市民調査委員会の報告に確証を与えている。この委員会は、政治的、軍事的、財政的に加担した強い疑いがあると結論付け、TPIR(ルワンダ国際戦犯法廷)にこのことを訴えた。
 
出頭命令を受けた「ルワンダのためのジロンド市民グループ」への支援
 
2010年1月、ボルドー(訳注:ジロンド県の県庁所在地)の市民グループが、ルワンダ人医師のソステーヌ・ムニェマナが勤務する、ヴィルヌーヴ=スュル=ロットの病院の前で、彼の注意を引くために集会を開いた。この人物は、2006年から国際刑事警察機構に指名手配され、ツチ族虐殺に参加した罪で、ルワンダで終身刑を言い渡されていた。1月20日、集会の参加者たちは、彼らを取り締まるために待機していた警察当局の無為無策ぶりに抵抗しようとしていた。一方で、ムニェマナは1994年の終わりからボルドー地域圏に住んでいる。それでも、1995年に彼は、「拷問および非人道的扱い」、そして「大虐殺に対する罪」で告訴されてはいた。
 
現在、参加した活動家たちは、「推定無罪の原則が侵害された」こと、および、集会中に出された声明に関してムニェマナが訴えをおこしたため、出頭命令を下されている。スュルヴィは大虐殺の犠牲者のための裁判を前進させるために闘う、これら市民たちの支援を表明し、彼らによる請願書への署名を呼びかける。
 
 
それでもなお、真実は明らかになりつつある
 
昨年(2010年)は大虐殺の歴史とフランスの共犯に関する研究がいくつも前進した。ジャーナリストのジャン=フランソワ・デュパキエは、2010年9月に『大虐殺メモ:ルワンダの元スパイ、リシャール・ミュゲンジの告白』を刊行した(参照記事)。今年1月15日、彼はボルドーで著書を紹介した。
 

Jean-François Dupaquier, auteur de "L'agenda du... 投稿者 Tele-liberte
 
リシャール・ミュゲンジの証言は、大虐殺が、実行される数年前から入念に準備されていたことをはっきりと語っている。それは歴史修正主義的な主張とは異なり、とりわけ、大虐殺へのフランスの関与に関する新しい視座をもたらしている。実際のところ、ミュゲンジは、ハビャリマナ大統領(訳注:1973年7月5日からルワンダ第3代大統領を務めた。フツ系。1994年4月6日、何者かに暗殺される)の軍隊を組織するために、フランソワ・ミッテランによって派遣された、「ノロワ作戦」(訳注:ツチ系難民によって設立されたFPR(ルワンダ愛国戦線)の攻撃からルワンダ政府を保護するために、600人近くの兵士を派遣した)を行うフランス軍によってスパイに養成された。とりわけ彼は、大量の偽情報を流すといった、いくつかの心理戦争技術を応用することを学んだ。特に、大虐殺開始のきっかけとなった、ジュベナール・ハビャリマナに対するテロ行為が、FPRの犯行によるものだと信じさせようとする偽電報を流したことなどが挙げられる。
 
今日でもなお、明らかにされなければならない真実がある。FPRによる犯罪も、ポール・カガメ(訳注:現大統領。2000年4月24日就任。ツチ系)が17年前から政権にいるルワンダ政府の現実も、ツチ族大虐殺への最も重い責任を負っている、何人かのフランス政府の政治・軍事責任者たちによるものであることは疑い得ない。
 
今日でもなお、フランス市民は、我が国がこの最悪の犯罪に関与していることについて説明を要求しなければならない。そして、裁判が行われなければならない。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[12/20 Mathieu]
[12/20 Mathieu]

最新TB

プロフィール

HN:
takeshijo
性別:
非公開
自己紹介:
フランス=アフリカ問題に取り組む、フランスの市民団体 Survie(スュルヴィ)の情報を日本語で発信しています◎不定期更新

ご質問、お問い合わせはブログ管理人(中條健志)まで⇒ takeshijo(あっと)nifty.com 誤訳等のご指摘はコメント欄へ☆

【翻訳・掲載許可を得ています】

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- フランサフリック情報ネットワーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]