忍者ブログ

フランサフリック情報ネットワーク

フランス=アフリカ関係/フランコフォニーを考えるためのブログ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

抑圧と社会、チュニジアにおけるフランス開発庁の大きく隔たった立場

Billets d'Afrique et d'ailleurs 198号(2011年1月)

CRLDHT(チュニジア自由人権尊重委員会)によると、シディ・ブジド(※1)の人々を支援する委員会のスポークスマンとPDP(進歩主義民主党)(※2)の事務所員が、3日間の勾留の後、12月31日に釈放された。年末の恩赦だろうか? 数時間後、CRLDHTはガフサに集まっていた何人もの弁護士たち、次いで、チュニス、ジェンドゥーバ、グロンバリアにいた同業者たちに対する暴力的な検挙を警告した……。これは、AFD(フランス開発庁)(※3)長官が12月8日から10日まで訪問した、チュニジア独裁政権の慣習である。AFDのウェブサイトによると、そこでは1億1500万ユーロの財政融資協定が結ばれ、「開発戦略も模範的な国」と称賛された。また、長官のドヴ・ゼラは「経済発展と社会発展の支援を同時にすすめる、チュニジアにおける同庁の2重の立場の実例である、AFD とProparco(経済協力振興出資会社)(※4)が出資するいくつかのプロジェクトを視察した」。チュニジアの体制の素朴な姿は、公的機関の働きによって描かれているのではないだろうか?
 
訳注
※1シディ・ブジド:チュニジア中部の町。2010年12月17日、モハメド・ブアジジ(当時26才)が焼身自殺した場所。
※2 PDP:1983年に創設され、1988年に認可された社会主義を掲げる政党。政府補助金に頼らず、党機関紙の講読収入で運営されている。ベン=アリー政権と対立。議席はない。
※3 AFD:1941年設立。フランスの海外開発援助業務の執行機関。本部はパリに所在し、アフリカ諸国を中心に44の海外支店網が対象地域をカバーしている。主要業務は、①発展途上国向け支援、②フランス海外県・海外領土向け支援、③ODAの代理執行業務。
※4 Proparco:AFDの傘下にある機関。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[12/20 Mathieu]
[12/20 Mathieu]

最新TB

プロフィール

HN:
takeshijo
性別:
非公開
自己紹介:
フランス=アフリカ問題に取り組む、フランスの市民団体 Survie(スュルヴィ)の情報を日本語で発信しています◎不定期更新

ご質問、お問い合わせはブログ管理人(中條健志)まで⇒ takeshijo(あっと)nifty.com 誤訳等のご指摘はコメント欄へ☆

【翻訳・掲載許可を得ています】

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- フランサフリック情報ネットワーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]