忍者ブログ

フランサフリック情報ネットワーク

フランス=アフリカ関係/フランコフォニーを考えるためのブログ

   
カテゴリー「カメルーン」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カメルーン:横領された税金

Billets d'Afrique et d'ailleurs 200号(2011年3月)

献金者たちの圧力で政府が創設した国家汚職防止委員会によると、カメルーンで「1998年から2004年までに横領された」(原文通り!)税金はおよそ28億ユーロ(1兆8450億CFAフラン ※1)である(AFP通信、2月10日)。これは毎年「4億5730万ユーロ(3000億CFAフラン)の損失」になる。
 
「NGO団体のグリーンピース、フォレストモニター、CED(環境・開発センター)による調査では、特に森林業部門で、違法森林伐採が原因で[中略]政府が告発する損失額が年平均1億5240万ユーロ(1000億CFAフラン)であると見積もられている」。汚職対策への取り組みが優先的に行われなければならない10の部門、とりわけ公共投資予算、公共市場、財務、森林業を扱う部署が問題となっている。世界で最も腐敗した国の中のひとつであるカメルーンで、政府から独立して行われたある調査が、ここにさらに途方もない数字を加えていることはほぼ間違いない。しかしながら、国家汚職防止委員会の資料は、ある種の無礼さを示している。「経験豊富な専門家やオブザーバーたちの意見、汚職を防止するために行われる政府による制裁措置のような制度改正は、そうした現象を確実に無くす訳ではない」。制裁措置が無意味だと言いたいのだろうか? この資料はまた、フランスの政府職員および高官の財産申告に関する憲法第66条を適用する政令に調印するよう、ポール・ビヤ(※2)に求めている。
 
この法が導入されたのは……1996年であった。フランスが真っ先にビヤ一家と共に国家予算を騙し取っているのだから、汚職と戦うのは簡単なことではない。
 
こうした事を終わらせるために、儲け過ぎの政府は公式には、カメルーンが2015年に「公正に配分された労働による経済成長とともに、全ての市民が公明正大な価値観を持つ国」になると期待している。夢を見ることは誰にだってできる。
 
訳注
※1CFAフラン:西アフリカや中部アフリカ地域の旧フランス植民地を中心とする国々で用いられる共同通貨。
※2ポール・ビヤ(1933-):カメルーンの大統領(1982-)。
PR

フランサフリック理解度チェック 第3問

50 ans Françafrique Cétro(2010年5月31日)

カメルーンでは脱植民地化の際、フランス軍と独立運動との間の「紛争」が、
 
A.フランス軍が治療できなかった、マラリアに感染者したおよそ100人の捕虜の命を奪った
B.自由でガラス張りの選挙の結果を拒否した8000人の反逆者の命を奪った
C.軍人による虐殺(ナパーム弾も使用された)が10万人から40万人の人々の命を奪った

カレンダー

01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

フリーエリア

最新CM

[12/20 Mathieu]
[12/20 Mathieu]

最新TB

プロフィール

HN:
takeshijo
性別:
非公開
自己紹介:
フランス=アフリカ問題に取り組む、フランスの市民団体 Survie(スュルヴィ)の情報を日本語で発信しています◎不定期更新

ご質問、お問い合わせはブログ管理人(中條健志)まで⇒ takeshijo(あっと)nifty.com 誤訳等のご指摘はコメント欄へ☆

【翻訳・掲載許可を得ています】

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- フランサフリック情報ネットワーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]